So-net無料ブログ作成
検索選択

アナフィラトキシン

アナフィラトキシン(en:Anaphylatoxin)とは、抗原抗体複合体が、進入した異物に対して連鎖反応を起こし、活性化したC3?C5補体(compliment)をさす[1] [2]。 IgEと反応し、アナフィラキシーを引き起こす原因物質である。働きC3a抗原抗体複合体の周囲へ拡散し、ヒスタミンをマスト細胞から遊離(脱顆粒)させ、毛細血管の透過性を高める。高められた毛細血管の透過性は、白血球の動員を助ける[2]。C5a走化性因子(chemotratic factor)として、白血球を引き寄せ、食菌を助ける[2]。 平滑筋の収縮や、毛細血管の透過性を亢進する。C4aアナフィラトキシンとしての働きは上記の補体より少ない[3]。参考文献^ Hugli TE (1986). “Biochemistry and biology of anaphylatoxins”. Complement 3 (3): 111?27. PMID 3542363.^ a b c 天児 和暢, 南嶋 洋一 『微生物学 第9版』 医学書院、2003年。ISBN 4-260-35262-8。^ 翻訳元 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3」より作成カテゴリ: 免疫学

<ひき逃げ>ペルー人女性死亡 千葉・成田(毎日新聞)
長野新幹線、ブレーキ異常で運休 900人に影響(産経新聞)
<火災>熊本の住宅全焼…7男3女の大家族(毎日新聞)
外国人参政権は三党合意ではない亀井金融・郵政改革担当相(レスポンス)
元部下、2人殺害認める=強盗目的は否定−裁判員裁判・鳥取地裁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。